ここからページの本文です

  • ホーム
  •  > 訪問看護ってなあに?

訪問看護ってなあに?

よくあるご質問

訪問看護って?
訪問看護とは、看護師などがお住まいを訪問して、主治医の指示や連携により行う看護(療養上の世話又は必要な診療の補助)です。
どうすれば訪問看護を受けられるの?
主治医やケアマネジャー、またはお近くの訪問看護ステーションにご連絡ください。

<医療保険で訪問看護を利用する場合>
赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関係なく訪問看護がご利用いただけます。ご利用を希望する際には、主治医かお近くの訪問看護ステーションにご相談下さい。訪問看護ステーションでは、主治医が交付した「訪問看護指示書」に従い、必要なサービスを提供します。



<介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)>
「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネジャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。



医療保険か介護保険かわからない場合は?
お近くの訪問看護ステーションまたは訪問看護コールセンターにお電話ください。
訪問看護は誰が来てくれるの?
看護師免許を持つ看護師もしくは保健師・助産師が訪問看護を行います。
また、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じて訪問しています。

訪問看護は、どんな人が受けられるの?
赤ちゃんからお年寄りまで、訪問看護を必要とする全ての方が対象になっています。

訪問看護って、何をしてくれるの?
主治医と連絡をとり、心身の状態に応じて次のようなケアを行います。

【ケアの内容(主なもの)】

病状の観察
体温・脈拍・血圧などを測って、病状の変化がないか、感染症を起こしていないかなどを観察します。

日常生活の看護
食事の援助、身体の清潔、口腔ケア、排泄ケアなどを行い、健康状態の維持・改善を図るとともに生活のリズムを整えます。

リハビリテーション
運動機能の維持・回復のための訓練、嚥下機能訓練などを行います。 寝たきり予防のための生活リハビリを行い、合併症を予防します 福祉用具の活用、住宅改修などについての助言を行います。

介護者の支援
介護方法について、一緒に考え、介護負担の軽減を図るよう支援します。

医師の指示による医療処置・医療機器の管理
主治医の指示に基づく医療処置や検査を行います。
医療器具の使用状態の管理、緊急時の対応などを行います。

床ずれ予防・処置
床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当てをします。

認知症のケアや精神・心理的な看護
心身の健康状態を観察し、服薬・コミュニケーションの援助や生活リズムの調整、助言を行います。

ターミナルケア
医師の指示による疼痛緩和や症状緩和に適切に対処し、医療処置、病状変化や緊急時の対応、精神的な支援などを行います。

各種在宅サービスの相談
他の専門職と連携して保健・医療・福祉の制度の紹介や導入、 各種サービス提供機関との連絡や調整を行います。

どんな機関が訪問看護をしてくれるの?
訪問看護を提供する機関には、次のような所があります。

■訪問看護ステーション
在宅で療養される皆様に、質の高い訪問看護サービスを提供するため、訪問看護師自身が運営するサービス機関です。
富山県訪問看護ステーション設置状況

■医療機関(病院・診療所)
病院や診療所が、「訪問看護部門」を設け、在宅で療養が必要な状態で退院された方々や、病院・診療所に通院したり、往診を受けている方に訪問看護を提供している所があります。

訪問看護を受けるには、料金はいくらかかるの?
どの訪問看護機関からサービスを受けるのか、またどんな保険を利用するのかによって、料金は異なります。

詳しくは各訪問看護機関にご相談ください。
訪問看護と訪問介護はどう違うの?
訪問看護は医療の立場で療養生活を支援します。
看護師は主治医から指示のもとに診療補助行為も行います。常に主治医と連携を保ち、本人の状態の変化などは主治医に報告し、その指示のもとに適切な看護処置を行います。
状態の変化に対応できるのでしょうか?
緊急訪問看護の体制があるステーションでは、利用者の同意を得て、居宅サービス計画に組み込まれると、状態の変化や病状の観察、緊急の処置、主治医との連携など、24時間いつでも迅速にお応えできます。
週に何回訪問してもらえるの?
<介護保険の場合>
ケアプランに基づき、必要に応じて何回でも訪問できます。
<医療保険の場合>
詳しくは、各訪問看護ステーションにご相談ください。
病院では点滴をしていますが、家に帰ることができますか?
主治医の指示を受け、訪問看護により、点滴の管理を行うことができます。
最期まで家族と家で過ごすことはできますか?
ご本人とご家族の希望があれば、最期までご自宅で過ごすことができます。
ご本人やご家族ができるだけ不安なく過ごせるよう、主治医等と連絡をとり、訪問している看護師が支援いたします。
痛みがでたらどうするのですか?
主治医や訪問している看護師にご相談ください。
自宅でも主治医との相談により、鎮痛剤などを使用して痛みを緩和することができます。
プライバシーは?
安心して訪問看護をご利用いただけるよう、利用者やご家族の人権とプライバシーを尊重し、看護上で知り得た秘密は、決して口外しないことをお約束いたします。
ページの先頭へ
  • 訪問看護ってなあに?
  • 訪問看護をチェックしよう
  • 訪問看護ステーションはどこにあるの?
  • 訪問看護を利用してみませんか?
  • 研修イベント案内
  • コールセンターの本棚
  • リンク集

公益社団法人富山県看護協会 訪問看護コールセンター
〒930-0885
富山市鵯島字川原1907-1
TEL(076)431-0230
FAX(076)431-0227

ご意見・ご要望はこちら